大規模災害に備えた轄vリ組の非常時対応行動指針

事業継続計画(BCP)(案)


BCPとは英語の「Business continuity plan」の頭文字を取った略語のことで、日本語では「事業継続計画」と呼称されています。

1.事業継続計画の目的
  
  緊急時においても、轄vリ組の社員および社員の家族の安全を確保しながら、自社の事業を適切に継続・運営することを目的とします。

2.事業継続計画の適用範囲
  
  轄vリ組の全業務を対象とする。

3..基本方針

  (1) 社員とその家族及び関係者(取引先・来訪者等)の安全確保を最優先とする

  (2) 自社の経営を維持し、事業を継続する

  (3) 二次災害の発生を防止し地域への被害拡大を防ぐ

  (4) 地域の建設企業として、地域住民や自治体と協力する

4.非常時管理体制

  管理体制の整備

  代表者もしくは代表者代行が非常時であると判断した場合、下記の非常時対策本部を設置する。


                    対策本部長/副本部長:全体統括、対策本部の意思決定及び協力会社への支援要請
                    事務局:対策本部運営に係る事務、情報の収集
                    ※担当者が被災・罹患した場合に備え、代行者も予め決めておく。

5.役割

  社内支援活動
  
   (1) 総務関連 □対策本部員・応援要因支援  □建物被害状況備品の確認
   
   (2) 人事関連 □社員及びその家族の安否確認 □医療機関・保健所との対応 □感染拡大防止策の指示

   (3) 情報システム関連 □社内システムの環境整備・復旧 □通信連絡手段の確保

  業務運営活動

  (1) 事業継続関連 □重要業務の復旧・休止

  社外連携活動

  (1) 情報収集・調整関連 □社外の被害状況の集約  □行政・業界団体、地域との調整

  (2) 情報発信 □社内への情報発信  □顧客等からの問合せ対応

  以下 計画中。。。